パンクのニヒリズム。SKIN 18A/W COLLECTION。


カルチャーとファッションの融合、今でいうストリートファッションの体系は、70年代のパンクロックの発展と共に生まれたようです。
仕事柄色々なサブカルチャーに触れたり、掘り下げたりすることが多いですが、たしかに最終的にパンクロックにたどり着くことが多いです。

そんなパンクスピリッツを根底に持つSKIN TOKYOの18AW COLLECTIONが先日立ち上がりを迎えました。
個人的にもかなり楽しみにしていたのでご機嫌です。


SKIN/L/S SWEAT SHIRT (MUSTARD)

コレクション序盤のアイテムで注目なのは縫い合わせ部分や生地端の癖が強いスウェットシャツ。
縫代を表側に出した、裏返しの様なディテールとなっています。
裾や袖先は切りっぱなしです。


フロントの「NO FUTURE」はパンクの思想であるニヒリズム(虚無主義)のスローガンとして使われていた言葉です。
生地端やほつれが見えるディテール、色使い、グラフィックの全てがバランス良い仕上がりとなっています。

サイズ感は大き目のONE SIZE展開。
177cmの僕が着てまだゆとりがあるくらいのシルエットです。

SKINの通販ページはこちら

是非、ご覧になってみてください。

RAMS TANIMOTO