伝統をただの過去にしない

ファッションの多様化が進み、日本の伝統的な服を使用する事はほとんど無くなっているのではないでしょうか。
僕自身、浴衣すら着たことがありません。
成人式もスーツでしたし、何なら会場に入らず手前で引き返して友達とボーリングに行った気がします。

ですが仕事柄色々な服に触れていく中で、日本の伝統的な衣装の魅力を知りました。
現代の感覚とは異なる繊細な色遣いや手法、質感は改めてみると新鮮な物ばかりです。

IMG_5294
RADIALL/NATIVE S/S (WHITE)

RADIALLの新作オープンカラーシャツは、ボックス開襟のシルエットを採用しレーヨン素材で作製されたブランドでは定番ディテールのオーセンティックな一枚です。
ですが今季の新作として描き下ろされたオリジナル総柄は、RADIALL独自の視点で作られています。

IMG_5298
古くから伝わる伝統的な柄模様を日本のNATIVEととらえ、シャツに落とし込めるよう新たに再構築されたオリジナルテキスタイルを使用しています。
レーヨンが持つ反物の様なしっとりと落ち着いた光沢が、柄の雰囲気を一層引き立て、今までのBOXシャツとは異なった奥深い魅力を持っています。

RADIALLの通販ページはこちら

今季コレクションの中でも存在感を放っていた注目の一枚です。
是非一度、ご覧になってみてください。

RAMS TANIMOTO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です