RADIALLのデニムジャケットを使った着こなし

シルバーウィークまであとほんの少しです。
夏休み以来の大型連休ですので、遠出される方も多いのではないでしょうか。連休に向けて秋物を購入される方も多くみられます。
しっかり秋支度をしてから連休を迎えたいですね。

本日はラディアルの定番デニムジャケットを使ったスタイルのご紹介です。

IMG_4734
RADIALL/SKYNYRD (5YEAR)
RADIALL/ANFERNEE (HEATHER GRAY)
RADIALL/41’S (OLIVE)
CUTRATE/GLASSES (DEMI/GREEN)

ハードウォッシュされた5年加工のデニムジャケットを中心に、インナーにはカレッジロゴがプリントされたビンテージ調のスウェットパーカー、ボトムは今期新作のハードウォッシュされた41チノを合わせています。

IMG_4740
アメカジの王道であるリーバイス3rd typeをベースとしたデニムジャケットは、使われているタックボタンを全てオリジナルの鉄製にするというラディアルこだわりのディテールです。
撚り杢を使って編上げられたヘザーグレーのパーカーと相性が良く、すっきりとリサイズされたデニムジャケットはオーセンティックながらもトレンドとマッチし、今時な洒落感ある印象です。

IMG_4745
アメカジの中でもストリートカジュアルなイメージの着こなしではないでしょうか。
カラーフレームのサングラスと合わせ髪は艶っぽくセットすると統一感もあり雰囲気ある着こなしです。

定番人気のデニムジャケットは秋冬から春まで幅広く使える一枚です。
ベーシックアイテムだからこそ様々な着こなし方があり、使い勝手の良いアイテムではないでしょうか。
デニムジャケットをまだお持ちでない方は、是非ワードローブに加えてみては如何でしょうか。

RADIALLの通販ページはこちら

今回のモデルは荒井君です。
前回の記事も評判がよく、アメカジが良く似合っています。
またよろしくお願いしますね!

RAMS TANIMOTO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です