50'Sルックを楽しめるオープンカラーシャツ、、、(ラディアル)

この秋冬のトレンドとしてロカビリー調のファッションが再度浮上しています。
50’sのアメリカ、特に南部で好まれていたアイテムが該当します。
そこで本日はRADIALLのシャツを使ったスタイルのご紹介です。

IMG_3736
RADIALL/SAVAGE KICK (MUSTARD)
RADIALL/CVS 5POCKET (BROWN)

ボックスシルエット、オープンカラーといったディテールはまさに50年代に多く見らるデザインです。
マスタードカラーもオールディーズなムードがあり雰囲気良い仕上がりとなっています。
ブラウンカラーのワークパンツ、ウェリントンのグラス、髪形はオールバックで纏め、統一感がありテーマを持たせたスタイルとなっています。

IMG_3745
シャツ全体に施されたプリントは絣(かすり)柄と呼ばれる伝統的な模様です。
日本で古くから着物で使う生地に使われていた手法です。
シャツのオールドなディテールと相性が良く、オーセンティックでありながら細かなデザインで新鮮味を持たせているあたりはまさしくラディアルらしい仕上がりのシャツと言えるのではないでしょうか。

今の時期は一枚で羽織り、寒くなってくればデニムのジャケットなどと合わせても良さそうですね。
この秋の主役として自信を持っておすすめできるシャツです。

RADIALLの通販ページはこちら

先日配布スタートとなったカタログと合わせて、この秋の装いの参考にしてくださいね。

RAMS TANIMOTO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です