バックスタイルで差を付ける。CUTRATEのカバーオール。

50年代のアイビールックではバックシャン(後姿がイケていること)が鉄則でした。
彼らは細かなディテールでバックスタイルに差を付けることでお洒落を楽しんでいましたが、現代のアメリカンカジュアルにおいても、バックスタイルへの心配りは忘れてはいけません。


CUTRATE/DENIM COVERALL JACKET (INDIGO BLUE)

CUTRATEのカバーオールは、バックに大きく今期のメイングラフィックをプリントしたアイテムです。
ウォッシュアウトされたデニムの柔らかなライトインディゴに、パキッと決まったアートワークがシンプルに格好良い仕上がりとなっています。


シルエットはゆったりと、ハーフコートの様に羽織れるアイテムです。
柔らかなデニム地とリラックスしたシルエットがバランス良く、ラフに着こなしたいトップスとなっています。

CUTRATEの通販ページはこちら

是非一度、ご覧になってみてくださいね。

RAMS TANIMOTO