壊し方にも品質がある

岡山にある児島は繊維の町として有名で、デニムに始まり様々なアイテムの加工技術が発展しているエリアです。
何度もその加工風景を見たり職人さんと話をしたことがありますが、その技術の高さと加工の奥深さには驚かされました。
一見ハードなクラッシュ加工であっても、繊細で綿密な工程に則って作製されており、ステッチワークや破き方、洗い上がりの質感は洗練された仕上がりです。

IMG_8208
CALEE/WEST POINT DAMAGE CHINO PANTS (BLACK)
CALEE/WEST POINT DAMAGE CHINO PANTS (BEIGE)

先日CALEEからデリバリーされたDAMAGE CHINOは、全面に施されたハードなクラッシュ加工がインパクト抜群の一本です。
ファブリックには強固なウエストポイントを使用し、染めを施した後にウォッシュをかけることで全体にやれたアタリ感が付いています。

IMG_8219 IMG_8217
全面に無数の穴あけやダメージ加工を施し、当て布を用いてリペアを行っています。
穴の大きさや配置、使用する当て布等細部まで細かく定められた加工を再現する事で洗練された仕上がりとなった一本です。

IMG_8175
シルエットはワイドシルエットを採用しており、加工の雰囲気と合わさったラフな男らしいアイテムとなっています。
デニムでは主流のリペア加工ですがチノパンツを使った物は珍しく、スタイルの幅を広げてくれる目新しいパンツです。

CALEEの通販ページはこちら

一本、ワードローブに加えてみてはいかがでしょうか。

RAMS TANIMOTO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です