歴史ある服

ジーンズ、ワークシャツ、カバーオール、オーバーオール、スウェット、サーマル、チェックシャツ、ぺインター、スーベニア、、、
洋服には基本となるデザインが無数に存在し、それぞれのデザインは時代背景や流行、コストパフォーマンスを踏まえた上で作製されています。

中でもアロハシャツは、あくまで洋服でありながら僕たち日本人になじみ深いアイテムです。

IMG_6290
CALEE/S/S FLOWER PATTERN ALOHA SHIRT (BLACK)
CALEE/S/S FLOWER PATTERN ALOHA SHIRT (BROWN)

19世紀の終わりから、多くの日本人がサトウキビ畑の労働者としてハワイに移住しました。
彼らは当初、現地人が着ていたパラカと呼ばれるワークシャツを着ていましたが、居住が長くなるにつれて、持ち込んでいた着物の生地を再利用して作った自作のパカラを着用するようになっていったそうです。

IMG_6292
着物独特の色や柄が現地の人々にとって新鮮に映り、次第に現地で販売を目的として作られるようになっていきました。
それが現代のアロハシャツの原型となっています。

IMG_6275
アメリカの景気回復に伴いハワイを訪れる観光客も増える中、現地の人々が愛用している独特なシャツはお土産として人気となり、アロハシャツはアメリカンカジュアルの一つの定番として定着しました。
オリエンタルなデザインが特徴的なアロハシャツは、今の時代でも新鮮に映り一枚着るだけでスタイルの雰囲気ががらっと変わります。

CALEEの通販ページはこちら

CALEEで毎シーズンリリースされるアロハシャツ。
今季は長袖と半袖の2タイプがリリースされておりますので、お好みに合わせてお選びください。

RAMS TANIMOTO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です