スペインでコンチョを探すのは危険

コンチョの語源はスペイン語の貝殻(concha=コンチャ)とされており、貝殻の様に丸みを帯びたネイティブアメリカンの作る銀細工の飾り釦を指します。(隠語として女性器を指す場合もあるようなので、スペインに行った際にコンチョを探すのはやめておこうと思います。)

銀貨をそのまま使用したコインモチーフや、インディアンジュエリーならではの技法で落とし込まれた様々なモチーフが当時のお土産として人気であり、今ではアメリカンスタイルやバイカースタイルには欠かせないアイテムとなっています。

IMG_5419
CALEE/STAR CONCHO (SILVER)
CALEE/STAR CONCHO (GOLD)
CALEE/EAGLE CONCHO (SILVER)
CALEE/EAGLE CONCHO (GOLD)
CALEE/LEATHER CONCHO

CALEEからリリースされている数々のコンチョは、銀のみに拘らずブラスやレザー等デザインに合わせて様々なマテリアルを使用し、ヘアゴムとしてリリースされています。
繊細な彫金や加工技術は当時のアイテムさながらですが、落とし込まれたモチーフはCALEEならではの物であり、現代のファッションアイテムとして決して古臭くなく新鮮なアイテムへと再構築されています。

IMG_5414
CALEE/PAISLEY BANDANA

ヘアゴムとしての使用は勿論ですが、ブレスレットとして腕に着けるのが人気です。
また、これからの時期は首に巻いたバンダナやスカーフの留め具代わりに使用するのも良いのではないでしょうか。
軽装が増えてくる時期ですので、首元のアクセントとしてバリエーションを確保しておくと重宝しそうです。

CALEEの通販ページはこちら

これからのスタイリングを考えるのが楽しみな時期になってきましたね。
メインが決まった方は小物もしっかりと充実させていきたいです。

RAMS TANIMOTO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です