定番のスタッズウォレットコード、、、(CALEE)

「名門女子大学の中古赤本はネットで定価より高く売れる」という衝撃の事実を知りました。
確かに以前の持ち主が女子高生であることは確定していますが、出品者も購入者も闇が深すぎて僕には立ち入れない領域です。

さて、本日はCALEEの定番ウォレットコードのご紹介です。

IMG_1760
CALEE/LEATHER STUDS WALLET CORD (GOLD)

CALEEのブランド設立当初からリリースされ続けているウォレットコードは、シンプルで完成度の高いデザインが人気で愛用者も多いアイテムではないでしょうか。
全ての工程を職人に依頼し、一本ずつ手作業で作製した拘りの逸品です。

IMG_1765
一枚の革を使用し、スタッズを打ち込んだ後に折り合わせ麻紐で縫い合わせるというハンドメイドでしか出来ない手法で作製されており、手間がかかる分独特なあじのある仕上がりとなっています。
こういった職人の技が光るデザインが、レザーアイテムの醍醐味ではないでしょうか。

IMG_1766
一方にはフック、もう一方には3本のリングを付けておりウォレットは勿論纏めて鍵やキーホルダー等を付けられるようになっています。
デザインは勿論ですが機能面も拘っており、素材も堅牢な物を使用している為長く愛用する事が出来、飽きることなく使用を続けられます。

CALEEの通販ページはこちら

CALEEではアクセサリーが壊れた際の修理対応も行っており、愛着があるアイテムをずっと使用し続けられる様にサービスを整えています。
ケアやアフターサービスに関して不明な点があればお気軽にお問い合わせ下さい。

RAMS TANIMOTO

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です