15000円のTシャツが売れる理由。CALEEの拘り。


RAMSで取り扱うTシャツは大体5000円位~8000円が多いです。
ボディに手を加えている様な物や、Wネームアイテムで1万円ほど。

そんな中、CALEEはこの夏15000円のTシャツをリリース。高い。


CALEE/ORIENTAL OLD JAPAN DYE T-SHIRT (INDIGO)

著名な画家のアートワークをプリントしたわけでも、見たことの無い素材を使ったわけでもない。
アロハシャツなんかと比べると質素にすら思えるかもしれないデザインのこのTシャツが15000円。普通に考えるとやはり少し高い。
でも、確かに売れているし、実物を見ているとやはりえもいわれぬ魅力があります。


OLD JAPAN DYEと銘打たれたこのTシャツは、日本の伝統的な染色法をフィーチャーしたアイテムです。
こちらは藍染めを施したINDIGOモデル。
藍や墨など天然の染料は往々にして光や空気に弱く、扱いが難しいとされています。

実際に藍は、染料自体は緑色に近く、染めた後に空気に晒し乾燥させることで初めて鮮やかな青色を放ちます。
ジャパン・ブルーと呼ばれ世界から喝采を浴びる染め方ではありますが、染める前段階では色の調整はほぼ不可能であり、思い通りの色に染めるには職人の経験と勘がものを言う非常に扱いが難しい手法です。


CALEE/OLD SIGN OLD JAPAN DYE T-SHIRT (墨黒)

他にも墨を用いて染め上げたBLACKも、奥深い色合いで染め上げています。

華美で印象深い派手なデザインは、見る人にも簡単に魅力を伝える事が出来ます。
しかしこういった日本人ならではの美徳といいますか、質素に見える中の美しさや力強さ、いわゆるわびさびといった美意識を、アメカジの中に落とし込んだCALEEのTシャツ。
難しく、時間や手間がかかってしまう為にどうしても値段が上がってしまうけれども、きっと僕たちに良さが伝わるだろうと懸命に作り上げてくれた一枚です。
価格に恥じない、天晴れな出来栄え。

CALEEの通販ページはこちら

買って損は無い、間違いなく特別なTシャツです。
一枚如何ですか。

RAMS TANIMOTO