洗いざらしで着たいCALEEのボーダーデニムシャツ


少し特別な日にパリッとアイロンをかけたシャツに袖を通す瞬間が好きですが、ちょっと時間がない朝にベランダに干していたシャツをそのまま着て出かけていく自分も嫌いじゃありません。
後者の場合手に取るべきは、ネルシャツ、デニムシャツ、ワークシャツあたりが妥当でしょう。
洗いざらしで張りが抜けた風合いこそが格好良い一枚がベターです。


CALEE/L/S BLEACH BORDER DENIM SHIRT (INDIGO BLUE)

先日リリースされたCALEEのブリーチボーダーデニムシャツなんかはドンズバ。
9オンスの軽量なデニム地は春先のスタイリングに丁度良い質感です。
ブリーチ(脱色)の加工をハンドにて施し、濃淡の使い分けでボーダー状に脱色をさせたデザインが存在感のある一枚となっています。


CALEE/L/S BLEACH BORDER DENIM SHIRT (BLACK)

カラー展開はインディゴとブラックの全2色。
ベタ黒で染料の種類もインディゴとは異なるブラックは、より濃淡の差がつきメリハリのある仕上がりとなっています。


個人的にはBLACK推しです。
加工映えしており、ややアクが強くストリートスタイルとも相性が良さそうな一枚となっています。
また、ここから洗いこむ事でさらに脱色が全体的に進んでいき、また違った表情を楽しめるのも魅力です。

CALEEの通販ページはこちら

洗いざらしでさらっと羽織りたい春の一着。
是非如何でしょうか。

RAMS TANIMOTO