CALEEが初めて手掛けたダッフルコート。さすがの仕上がりです。


今週に入り岡山でも初雪の発表があり、本格的な冬の到来となりました。
洋服好き達にとっては一番装いに力が入る時期ではないでしょうか。

この冬、個人的にはコートが気になるところです。
毎年コートはトレンドに上がるアイテムですが、特に今季は正統派なデザインやクラシックなものに注目が集まっている様です。


CALEE/DUFFLE COAT (OLIVE)

今季のCALEEでも数型のコートをリリースしていますが、中でも注目したいのはダッフルタイプのロングコート。
CALEEでは初となるダッフルコートは、基本のディテールワークに倣い細部まで丁寧に手掛け、洗練された一枚となっています。


ダッフルコートのルーツを辿ると200年近く昔の北欧の漁師に行きつきます。
圧縮されたウールメルトンを使うディテールは、北欧の厳しい寒さに耐える為に生まれました。
特徴的なトグル釦はグローブをしたままでも着脱が可能であり、革新的なディテールとしてイギリス軍でも正式採用され、世界中に広がりました。
ブリティッシュスタイルとして根付いたダッフルコートは、その後アメリカ・アイビールックの普及と共にファッションアイテムとして定着。
シティボーイのクローゼットには欠かせないアイテムとなっています。


正統派コートの中ではカジュアルに嵌めやすいダッフルコート。
一枚持っておいて損はありません。

CALEEの通販ページはこちら

是非一度、ご覧になってみてくださいね。

RAMS TANIMOTO