一本目の眼鏡はCALEEのウェリントンがおすすめです

アイウェアはスタイルの起点になるアイテムだと思います。
顔の印象を作り、人となりすらも錯覚させてくれるアクセサリーです。
目が悪く、コンタクトが嫌いな僕にとって眼鏡選びはとても重要で、新調する際にはかなりの時間がかかります。


CALEE/WELLINGTON GLASSES

普段使い用に最初の一本として手にするのは、僕は間違いなくウエリントングラスです。
高校生の時から変わらず選んでおり、一番しっくりくるシルエットです。
台形のシルエットは男臭さと知性があり、すこしだけ野暮ったさも感じるバランスが絶妙です。


CALEEのグラシーズは福井県鯖江で職人のハンドメイドによって作製されています。
クラシックなシルエットに合わせ、七枚蝶番といったクラシックで機能的なディテールも採用しており高品質な一本になっています。


今季はカラーレンズを使ったモデルも追加されています。
カラーレンズはストリート感もあり、カジュアルなスタイリングにもマストな仕上がりです。

CALEEの通販ページはこちら

是非一度、ご覧になってみてください。

RAMS TANIMOTO