by Parraの18S/S 1st dropが到着しました。


オランダのアムステルダムからデリバリーされるby Parra。
Piet Parraが手掛ける独特なアートワークをそのまま洋服に落とし込んだコレクションは、ボディの生地や縫製にも拘り、上質で感度の高いラインナップとなっています。
現代アートの顔とされているParraですが、10代はプロのスケートバーダーを目指していた経歴からストリートの支持が厚く、海を越えた日本のストリートでも人気を呼んでいます。

そんなby Parraから18SS一発目のアイテムがドロップ。
今日はデリバリーの中から春先に嬉しいスウェット類をご紹介します。


BY PARRA/HOODED SWEATER HORSE MAGAZINE (KOBALT BLUE)

ストリートのマストアイテムであるフーディ。
自社工場で生産されるボディは、薄手ながらもキックバックが良くコシがあり、フリースの様に深い起毛が肌触りの良い仕上がりが特徴です。


HORSEMAGAZINEのアートワークを前後にプリント。
アートを落としこむ為のプリントにも拘り、作品が持つ雰囲気を崩さぬ様に全て自社工場で一貫して行われています。


BY PARRA/CREW NECK SWEATER GARAGE (RED)

こちらのクルーネックはREDとBLACKの2色を作製。
クルーネックもフーディ同様に柔らかく滑らかなボディとなっており、縮みを軽減するためにリバースウィーブ仕様となっています。


GARAGEのアートワークはフロント全面を使って大判でプリント。
POPな雰囲気で仕上がったParraらしい一枚です。

by Parraの通販ページはこちら

勿論この他のアイテムも秀逸な仕上がりです。
是非一度、チェックしてみてくださいね。

RAMS TANIMOTO